作成者別アーカイブ: jetsacademy

☆英語のテキスト

英語のテキスト、世界の楽しい話題が盛りだくさんです。インターネットで情報を確認しながら授業の準備。私自身がたくさんの事を学んでいるような…… 空中レストラン、すごいです‼︎
BC00A286-A145-491F-B463-362A4520A986
3B2E6760-3B61-4D2C-AE96-6B4770E235A9

https://amp-businessinsider-com.cdn.ampproject.org/v/s/amp.businessinsider.com/eat-dinner-suspended-in-mid-air-2015-10?usqp=mq331AQGCAEoATgA&amp_js_v=0.1&jwsource=cl

☆ゴスペル

International Mass@Kobe Chuo Catholic Church
ゴスペルに興味を持つようになってから、毎週、日曜日に教会へ行く事が楽しみになりました(^^) 災害や、悲しい出来事があるたびに、万能の神の存在を疑ってしまいますが、教会では、被災地への募金活動など、色々なボランティア活動/国際協力活動についての情報を得ることができ、忙しい毎日の中、忘れがちな大切な事を考えるひとときとなっているような気がします。 聖歌隊に入ろうかな〜 カホンならできるかな〜 辛い事が多い時は、たくさんの元気をもらっています(^^)

☆Gospel & Session(2018/09/09)

1) Gospel: いつからでも参加できます。次回は、10/14(日曜日) 12:30-14:00に開催いたします。ぜひ!
2) Session: 先日は、全員参加で締めくくりました。とても、盛り上がりました! 次回は、10/14(日曜日)14:00-18:00まで開催いたします。Robert先生に発音/歌い方/楽譜などご指導していただけます。(ご希望があれば..) ぜひ!

☆同音異義語

西南戦争時、西郷隆盛側は、政府軍が”視察”に行くという連絡を”刺殺に行く”と取り違え、戦争に突入してしまったという説があるほど、同音異義語は、要注意。 通訳でも、何度失敗したことでしょうか…. ”我が社は、しょっき製造で培われた技術を駆使し…”のしょっきを、”食器”と思って訳しながら、何だか変だなーと思って たら”織機”(weaving machine) だったり… 英語でも、日本語でも、この手の失敗談をまとめてみたくなります^^; と、思いながら、リサーチをしていたら、面白い記事を発見しました(笑)
859DCEC0-DB2F-42E2-A58A-DC99B03CB9C6
E781FB1D-6EE5-4769-91DE-69F7E764E7BD

☆誤訳について

テニスの全米オープン女子シングルスで快挙を成し遂げた大坂なおみさんが優勝インタビューで語った“I am sorry”という言葉の誤訳についてとても興味深い記事を見つけました…

“さらに、授賞式での大坂さんについて、「ブーイングの中で始まった優勝インタビューでは『勝ってごめんなさい』とひと言」という文もあるが、これは明らかな誤訳で、彼女は「勝ってごめんなさい」などとは言っていない。

I’m sorry it had to end like this.は「このような終わり方になったことは残念です」であって、謝罪ではない。(sorryという単語が出てくると謝罪だと思うのは間違い。たとえば親しい人を亡くした人に、I’m so sorryというのは普通のことで、悲しみやシンパシーや遺憾の意を表現するのにもsorryは使われる。)テニスの試合の報道でもこのようなことがあるのだから、国際情勢についての報道でどれだけこうしたことがあるのかと思うと、恐ろしい気持ちになる。”

http://lite.blogos.com/article/323928/?axis=&p=2

☆The Tale of Heike

台風、地震、津波、洪水、地滑り、雪崩、火山活動……日本は、本当に自然災害が多い国です。 物質的なものが永遠ではない事を自然の驚異から教えられてきたように思います。”わび”、”さび”、などの言葉も、自然災害が起因していたのかもしれないと思ってしまいます。 ふと、平家物語の”祇園精舍の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、 盛者必衰の理をあらはす。奢れる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。猛き者もつひにはほろびぬ、ひとへに風 の前の塵に同じ。”の英訳が気になり調べてみました。比べてみると楽しいです。(私は、3番目の翻訳が好きです…) 原文の日本語の響きが大好きです。

Typhoons, earthquakes, floods, landslides, volcanic eruptions, tsunamis…. Japan is truly a disaster-stricken country. We learned from nature that materialistic matters are not permanent and they eventually fade in this transient world. Probably, words like “wabi” and “sabi” (quiet simplicity and subdued refinement depicted in Japanese art) came from this kind of thinking. This reminds me of a famous part of the opening chapter of the Tale of Heike, which goes, “The sound of bells echoes through the monastery at Gion Shoja, telling all who hear it that nothing is permanent. The flowers of the sala trees show that all that flourishes must fade. Proud men, powerful men will fall, like dreams on a spring night, like dust before the wind.” (There are several translations and it is fun to compare them.) I think this notion constitutes an important element of the foundation of Japanese culture.
4722A525-09C4-422B-8F65-12E3470F5884