カテゴリー別アーカイブ: 英語で一日一言

☆NY通信 Great Replacement

NY 通信、最新号が届きました!

各位、  アメリカ人の友人とマンハッタンの「大戸屋」でランチをしました。昔、サラリーマン時代に大阪で食べたカツ丼と同じ味がして、とても嬉しく懐かしく思いました。アメリカで美味しい日本食が食べられるのはありがたいことです。   「米語Watch」をお送りします。読んでいただいてありがとうございます。いつでも、楽しいメッセージをお寄せください。

Great Replacement Theory 大「置き換え」論  ニューヨーク州の北部バファロー市のスーパーマーケットで、若い白人による銃撃で黒人10人が死亡するというヘイト・クライム(Hate Crime)が発生しました。多くのメディアは、この事件の背景に、Great Replacement Theoryがあると報じ、この言葉が米社会の安定を揺るがす陰謀論として急浮上してきました。  Great Replacement Theoryとは、元々はヨーロッパで生まれた過激思想で、白人層がユダヤ系、イスラム教徒そして有色人種にReplace (置き換え)され、 伝統的なキリスト教的白人中心文化が危うくなるというものです。米国では2040年代半ばに、白人が少数派になると予測されており、それを憂える白人至上主義者(White Supremacist)の間で、この人種差別的な論調が拡散していると言われます。  ニューヨーク州のシューマー上院議員は、右派を代表するFox Newsに、番組でのGreat Replacement Theoryの喧伝が米国の暴力事件を煽っているとして、報道姿勢を改めるよう強く抗議しました。民主主義、人権そして多様性という価値観で世界をリードすべき米国が、差別的で危険なGreat Replacement Theoryを乗り越えられますように・・・心からそう祈ります。  (旦 英夫 ニューヨーク州弁護士)

☆Alternative Energy

Alternative energy(代替エネルギー)
先日、フランス語のクラスで、代替エネルギーのトピックで盛り上がりました。高校生の英検クラスでよく取り扱っているトピックなので、どの言語でも同じような事をしているんだな〜と、ふと、思いました(^^) Facebook で数年前の(英検クラスプロモーションの)ビデオがアップされ…
CA66F85B-1686-4294-ABFC-9B299B3EA969
trim.04006795-B22B-428E-AAAD-4C99FB9EB33C

☆つぶやき

EV市場は、テスラが華麗なスタートを切りましたが、今後は、長年にわたり、自動車開発に命をかけてきた(長年の実績を有する)本流企業が巻き返すような気がします。 (CEOが、Twitterのお買い物などでお忙しいうちに..) と、Twitterでつぶやきました(^^)

I tweeted on Twitter “Although Tesla made a stunning debut in the EV market, I think, the future of the auto industry will eventually be led by major manufacturers with a long history of automobile production and development, not a company whose CEO has been busy buying Twitter.”(^^)

☆コミットメント “Commitment”

コミットメント
日米首脳会談で, “コミットメント”と、いう言葉が飛び交っていました。岸田首相は、来年のG7サミットについて”広島ほど平和へのコミットメントを示すのにふさわしい場所はない…”と、述べ、バイデン大統領は、中国が台湾に侵攻した場合に米国が軍事的に関与するかどうかを問われると、”それが、我々のコミットメントだ。”と答えていました。各紙どう取り扱っているのか… (CNNでは、どこまでのコミットメントか曖昧(ambiguous)だ、と、盛り上がっていました。) そう思えば、貿易摩擦などを取り扱った構造協議”Structural Initiative”の会議で、先輩通訳から、”パートナーシップ”や”コミットメント”は、無理に訳さないでいいと、言われた事を思い出しました。
463C96D5-A5BA-45CE-9B96-2E7DDF36C138
7722B887-558B-46EB-A9B1-A14F0787B734

☆NY通信 Pro choice, Pro-life

最新号が届きました!
——-
BEIGO Watch [227] Pro-choice, Pro-life 米語 Watch [227] : Pro-choice, Pro-life  
各位、  初夏の風に誘われて、近くの砂浜へジョギングに行ったら、埠頭から釣り人が糸を垂れていました。ヒラメやスズキを狙っているのです。Any luck? と聞いたら、Not yet! と返ってきました。私も近いうちに釣り竿を準備します。 「米語Watch」をお送りします。読んでいただいてありがとうございます。いつでも、楽しいメッセージをお寄せください。-米語Watch(朝日Weeklyおよび週刊NY生活紙に連載中)-

Pro-choice, Pro-life 妊娠中絶、容認派・反対派  人工妊娠中絶(Abortion)に関する米最高裁の意見書草稿が外部に漏れ、米社会に大きな衝撃を与えています。アリト判事が、最高裁の多数を占める保守派を代表して、約50年前に妊娠中絶を連邦憲法上の女性の権利だと認定した、Roe対Wade判例を覆す見解を示しているのです。  妊娠中絶を認める側はPro-choice、反対する側はPro-lifeと呼ばれます。 Proは賛意を意味し、Pro-choiceは、中絶するかどうかの選択権(Choice)を女性自身が持つという立場。最新の調査ではアメリカ国民の60%以上が一定の条件のもとに支持しています。一方、Pro-lifeは、受精の時からLife (人命)は始まり、ゆえに原則として中絶手術は許さないという立場で、カトリック教会の教えに沿うものです。  漏れた意見書が示す通り、人工中絶が憲法上の権利ではないと最高裁が決定した場合、中絶をどう扱うかは50州各自に委ねられることになります。 ニューヨーク・タイムズ紙は、最大28州で人工中絶が禁止または極端に制限されると予想しています。  前代未聞の最高裁草稿の漏洩、この中身にPro-life側は歓喜しましたが、Pro-choice側は連日、各地で集会を開き抗議の意を示しています。中絶に関する両陣営の深い対立は、すでに大きく分断された米政治を、ますますの対立と混迷に押しやることでしょう。 (旦 英夫 ニューヨーク州弁護士)

☆Stock Price

株価について…
コロナやウクライナなど、不確定要素は、さておき、ニュースを聞きながら、疑問に思った事(わからない事ばかりです)をまとめてみました。
1. ニューヨーク/ロンドン/上海/東京市場が、いつも連動している。 たとえば、米国の金利が上がると、株離れが起こりその影響が世界市場へ… バブルの頃は、日本の株価/不動産価格だけが異常に高騰化し、米国の市場は冷えていて、あまり、連動していなかったように思う。(バブル時代、金融関係の翻訳をしていた頃、不思議に感じていた。)
2. 一番、健全な投資のあり方とは、応援する企業(社会/環境/人々の生活に貢献する技術/サービスを提供する企業など)をサポートし利益に応じて配当金(dividend)を得る事…. 目先の利益を追求する、デイトレーダーが、株価の上昇/暴落に一喜一憂しているが、経済的な効果は、あるのだろうか?

Stock Price
The current global stock market faces an uncertain future due to the combined impacts of COVID-19, Russian agression in Ukraine, and rising interest rates in the USA. In retrospect, I was involved in a project translating financial reports after the collapse of the bubble economy back in the early 90s. Since then I have been intrigued by the following aspects of the global financial market…
1. In general, global financial markets (New York/London/Shanghai/Tokyo) are closely linked. For example, the current increase in the interest rate in the US market (to alleviate inflation) has caused global investors to sell stock, cooling down the global economy. However, during the bubble economy, the sharp hike in the price of stocks/land in Japan was observed solely in Japan.
2. The healthiest form of investment is to support potential companies which return a profit (dividends), and are deemed beneficial to the global economy/environment/ technology/people. Are “day-traders” who sell/buy stocks only to seek immediate gains good for the economy?

☆NY通信 ”Situationship”

最新号が届きました!
ーーー
各位、
ニューヨークは色とりどりの花が咲き乱れる美しい季節になりました。世界が平和だと本当に心がウキウキするのですが、今年は気持ちが少し揺らいでいます。皆さまも同じでしょうね。 「米語Watch」をお送りします。読んでいただいてありがとうございます。いつでも、楽しいメッセージをお寄せください。
(日本在住の皆さまへのお知らせ)

 日本時間5月9日(月)、NHKの朝のラジオ・ニュース番組 「マイあさ!」で、ニューヨークから、米語Watchをベースとするお話をします。ご興味があればお聞きください。田中キャスターのリードで、8時6分ごろからです。

-米語Watch(朝日Weeklyおよび週刊NY生活紙に連載中)-

Situationship とりあえずの男女交際

 最近ネット上で、Situationshipという言葉をよく目にします。アメリカの若者たちが使うこのスラングは、親しく付き合ってはいるものの将来への約束はしていないという、男女のとりあえずの関係を意味します。Relationship(人間関係)ではなく、Situation(その時々の状況)に任せる関係だというニュアンスです。結婚のことなどは考えず、その時々の交際を楽しむことは、若い世代の新しいやり方かもしれません。

 もっとも、自分は真剣な交際を求めているのに、相手との関係がSituationshipに入ったようで、どうしてよいか分からないという人生相談もよくあります。結婚を望んでいる相談者に対して、カウンセラーはSituationshipから抜け出したいなら、相手にはっきりと恋愛、仕事、家族、人生観などを尋ねて、交際を続けるかどうかを決断しなさいとアドバイスしています。

 カウンセラーはこうも言っています。「タフな質問をして拒絶されることを恐れては、何も解決しません!」 本当のところ、もしSituationshipをRelationshipにしたいなら、一番大事なことは、勇気を出してお互いに心から誠実なコミュニケーションをすることなのでしょうね。 最近の日本の若者はどうでしょうか・・・とても気になるところです。(旦 英夫 ニューヨーク州弁護士)

☆Doppelganger(そっくりさん)

イーロン・マスク….Twtter社買収で、トランプ氏のアカウントを復活させるかどうか…気になります。  
Will Elon Musk let Donald Trump back on Twitter?

イーロンマスクのそっくりさんが話題になっています。(笑)
4D307660-7574-47F7-A618-1106183AB754
https://m.youtube.com/watch?fbclid=IwAR0D3h_DaXyq3SJsgwqxVQADdyotFYVaEMn05gqLHZeQC1Zi9SdDKM3kHPk&v=S6XB9BDzKuk&feature=youtu.be

☆Economic Sanction. 経済制裁

上海..
コロナ禍の上海で厳しいロックダウンが続いています。 多くの日本人居住者が不便な生活を強いられている様子がテレビのニュースで報道されていました。 労働力確保に支障が生じ、生産が追いつかないとか…….確か、中国は、ウイグル地区や香港での人権問題/領土問題などを踏まえ、厳しい経済制裁が取り沙汰されていたが… 結局は、経済重視なのか。 どうなっているんだう…経済制裁は、効力あるのだろうかと、ふと、思いました。

With the spread of the Omicron variant , Shanghai has been strictly locked down by the Chinese government which is enforcing a zero Covid policies. According to aJapanese media coverage, many Japanese expats are confined in apartment complexes designed principally for employees of Japanese companies. It has been reported that the temporary suspension of their operation/production activities brings significant financial damage to companies establishing themselves in China. This made me wonder what happened to the economic sanctions imposed on China in connection with human rights abuses in the Xinjiang Uygur Autonomous Region and Hong Kong. Can economic sanctions work when ignored by companies prioritizing profits over human rights?

☆正当防衛 “legitimate self-defense”

ウクライナ侵攻… 現況をちょっとメモっておきました。

ウクライナ政府は、自国の国土/国民を他国からの攻撃に対して正当防衛しているだけで、ロシア国土/市民に対しては、一度も報復攻撃をしていない。 よって、今回の武力行使は戦争ではなく、一方的な侵略行為。1) ロシアの横暴を、一日でも早くとめる大きな力はないのだろうか?(工場などウクライナの生産基地のみならず、住居/学校/病院/環境/歴史的文化遺産なども破壊する行為や幼児/高齢者を含む一般市民に対する残虐な攻撃は、国際法に反する”genocide “ 大量虐殺”である。) 2) 国連は、ロシアが安全保障理事国で拒否権を行使し続ける限り、無力。今後のためにも、国連や、国際法を行使する機関のシステムを修正する必要がある。3) ロシア国民にも、”genocide”の状況や、政府高官が莫大な私財を西側国に持ち出している事など、正しい情報/真実が届いてほしい。 ウクライナの人々が、早く、自国で、平和に暮らせる日々が訪れますように!

The Ukrainian government has never attacked people nor buildings in Russian territory since the invasion started. They are just protecting their land and people from the brutal actions of Russia. Clearly, it’s a legitimate case of self-defense against foreign agression. 1) Aren’t there international authorities which can immediately stop Russia from killing innocent civilians and from destroying not only Ukrainian residential/educational/medical buildings, but also many important cultural and historical assets of the country? 2) As for the UN, as long as Russia, a member nation of the Security Council, maintains the right to veto any action taken, no UN rescue measures can be implemented. UN protocols for responding to a humanitarian crisis require modification, specifically to save the lives of those threatened by evil. 3) Also, ordinary people in Russia need to be informed of the “genocide”, as well as the greed and corruption of their leadership who until recently enjoyed a lifestyle of luxury, much of it in western nations. Quoting from the Bible (Russian Orthodox version), “Love your neighbor!” Stop the genocide!