作成者別アーカイブ: jetsacademy

☆英語でボランティア

体験レポートの続編です..

今日は殆どが日本人の方への初診.再診などと駐車券の機械対応でした!

途中眼科から呼ばれ、糖尿病の影響で目の定期的な検査を希望されてる男性の診察に2人で同席しました。特に異状が見つからなかったので難しい説明は必要なかったのですが、その間に泌尿器科からも要請があり、私は、そちらに向かいました。先ずは男性にお手伝いしますと伝え診察室に入りました….

今日の反省。。。
診察室へ同行するのは1人がいいですね。
診察も混み合っていてギリギリに呼ばれるので難しいですが、患者さんの意思をしっかり確認してから同席する事‼︎を怠りました。
回を重ねて学んでいきたいです。

携帯について…..
坂の下の薬局へサービスカーのお迎え要請などに利用するので、受け付けに居る人が持つのがベストですね!サービスカーは携帯電話の背面に4桁番号があり外線電話すると直ぐ玄関口まで来てくれました。調剤薬局のサービスに感心しました。

—-
「初めてのジェッツ二人組」で ちょっとドキドキでした。
とにかく「分からないことは病院スタッフの方に尋ねてから。」と思っていたので 4回位質問に行きました。「入院の時はカードを通さず直接受付へ行く事」 「初診ではないが 期間が開いていたら初診受付へ行く事」などお忙しい中いつも笑顔で対応して下さり 有難かったです。

眼科での通訳の仕事。
定期健診の方でしたのでごく簡単な質問で終わりました。
「症状は如何ですか。」「問題はありませんか。」などです。

駐車券発券のお手伝い。
外国の方で 駐車券を手に持ってしばらく機械を見た後 何もせずに外に出ようとされた時に声をかけました。日本人でもカードの入れ方を間違えるのに 外国の方には難しいように思いました。

☆英語でボランティア

1) 今日は、ボランティアのOrganizerの方から通訳の要請があり、研修を兼ねて、私が担当させていただくく事になりました。まず、ロッカーでエプロンに着替えて、気合いを入れてInformation Deskへ。すぐに、診察券を忘れた年配の方や整形外科での手続きを希望される米国人女性など、お問い合わせが…9時に放射線科から連絡があり出動。胆石の検査を受診する米国人男性とのやりとりを通訳しました。 造影剤の事や、持病の糖尿病の事など、色々な質問がありました。アイルランド人の奥様は、少し日本語がわかるようでしたが、細かい事がわかり安心されたようでした。その後、12月に予定されている手術の説明や、栄養士さんの”栄養講座”(できる限り乳製品や脂肪分が高い食品をとらないようにする事など..)を通訳させていただきました。お好み焼きや、カレー、ナッツ、揚げ物が大好きとの事で残念そうにされていました(笑) とても喜んでいただけて嬉しく思いました!

2) 12/13, 1/10(第2金曜日)に欠員がありました。ご協力下さいます方は伊藤までご連絡くださいませ。

☆英会話サロン

昨日は、Aクラス、全員集合!”Internet Meme”について、ビデオを見ながら盛り上がりました! Bクラスでは、生徒さんがリサーチされた茶道の歴史/発展について学ぶ機会になりました。とても興味深い内容でした。 明日、11/29(金曜日)は、第5週目の金曜日となりお休みです。11/30(土曜日)のBusiness English Salonは、予定通り開催いたします。終わってから、Pizza Party(Ian先生が参加します)/Jazz Liveに参加を希望されます方は、伊藤まで。
1952EBF1-3F27-4E10-9CDC-A37FFC56C388

☆Jazz Liveのご案内

Jazz Live@JETS Academy
w/藤本千晶(vo), 藤井政美(sax), 加納新吾(p)

Date: 11/30(土曜日)
Open 18:30 Start 19:00
Admission: 2,500 yen (w/one drink)
3,000 yen (飲み放題)

Chiakiさん(藤本千晶さん。ゴスペル/Jazz シンガー/指導者として、様々な活動をされています!)のライブのお知らせです。 はじめてChiakiさんの歌声を聴いた時は、その迫力に、ビックリ! 心を奪われてしまいました‼️ この感動を皆さんと分かち合いたく…
今回は、いつも、JETSのイベントを盛り上げて下さっているモモさん(木村モモさん。フィンガースタイルギターコンテスト日本一位!)が特別参加して下さる事になりました! 私の心を鷲掴みにした数少なきシンガーChiakiさん/ギターリストMomoさんの演奏を心ゆくまでお楽しみください‼️
必見です‼️

☆英語でボランティア

研修レポートの続編です…

“今日の研修で指導してくださたた方は英語がとても堪能な方でしたが、
それだけではなく、お仕事ぶりも丁寧でとても参考になりました。
外来の機械の紙詰まりで受付票が出てこなかったり(よく起こるそうです)、ボランティアの
仕事とは関係ないような苦情を言ってこられたりしても、丁寧に謝ったり、説明されたりしていました。ボランティアであっても病院の仕事の一端を担っているという姿勢で対応されていました。英語の仕事としてはカンボジアに行くのに予防接種を受けたいという方が来られたり、最寄り駅まで行きたいがどうしたら良いかという方が来られたり、その方は私たちが英語で受け答えをすると「Fantastic!」とまで言ってほっとされていました。終了の11時半頃になって胃カメラと大腸内視鏡検査の説明や注意の通訳の依頼があり、同行しました。Nさんは流暢な英語で難なくこなされていましたがこういうのはもっと修行を積まないことには難しいです。さらに随分時間もかかり、勤務時間オーバーになりました。こういうこともあるそうです。 このような体験を積み重ねていけたらなと思っています。”