☆創立15周年

創立15周年を迎えました!生徒の皆様方、先生方、関係者の皆様方に心より感謝申し上げます。いつも、支えてくださり、本当にありがとうございました! これからも、より良い学校を目指して、さらに気持ちを引き締めて取り組む所存です。 どうぞよろしくお願いいたします! コロナが落ち着きましたら、ささやかなイベントを開催したいと希望しています。 
A1387B3C-39EF-435F-849C-AB9D32397C32
小学校時代からの親友が、イラストを描いてくれました!(^^)
81E7A073-42F4-479E-B4ED-206D0A98AC66
50A3C785-BAE9-4DBE-9D4E-CE9C2666A57F
横浜時代、通訳/翻訳部門を支えてくれた同志(笑)からもカードが届きました!
C8B89519-B928-474B-8BFE-9E8BD03C4DF9
“英語でボランティアできますよ”、と、きっかけ作りになるTote Bagを作りました。お買い物にも便利です! お楽しみに!

☆Session

Session@JETS Academy
Date: 2021/07/11 Sunday
Time: 14:00-17:00
Robert Ahad(coach/p)
Larry Ransome(d)
近藤哲生(b)
田村綾(coach/p)
2,000 yen(w/drinks)

ロバート先生は、7/15から、半年間、カナダに帰国されます。 帰国前に、ぜひ、ぜひ!!(8月からは、新たな体制で開催いたします。)どなたでも、お気軽にご参加くださいませ!

Stephen先生もギターで参加してくださいます!

https://youtu.be/WPXUdjx9yzU

☆英会話サロン w/Stephen Articles(2021/07/6-7)

ConspiracyTheories 4

お仕事帰りの英会話
Diabolical acts

Message from Stephen:
Here’s the next materials for this week’s classes. We still have previous texts to finish, so these will be used when the last ones are complete.

Tuesday morning and Wednesday classes will use “Conspiracy theories”. I want to try to introduce simpler texts for Tuesday morning as an

Tuesday evening has used that text before, so they will use “Diabolical acts”.

☆Session/Gospel

1) 7/11 日曜日 14:00-17:00
ワクチン接種も順調にすすみ、予定通り、セッションを再開する事になりました。 (Robert先生は、7/15から、半年間、カナダに帰国いたします。)
w/Robert Ahad (p/coach), 近藤哲生(b), Larry Ransome(d), 田村綾(p/coach)
参加費: 2,000円(w/drinks)

2) ゴスペルは、蔓延防止が解除されるまでお休みさせていただきます。 どうぞよろしくお願いいたします。

☆NY通信

NY通信、最新号が届きました!

ニューヨーク州では、ワクチンを受けた人が70%を超えたそうで、コロナ関連の制約は事実上取り払われました。 マンハッタンのレストランでも大勢の客で賑わっています。アメリカ全土で、そして日本で、コロナが収束することを祈りたいです。 

-米語Watch(朝日Weeklyおよび週刊NY生活紙に連載中)-
Activist Investor モノ言う株主

 アメリカを代表する石油会社エクソン・モービルの株主総会で、会社側が推す候補をおさえて、新興の投資ファンドが推薦した3人が取締役に選任されたことが、社会を驚かせました。会社の経営方針に見直しを迫る投資家を、日本ではモノ言う株主と言いますが、英語ではActivist Investorと呼びます。Activistは活動家、Investorは投資家です。 Activist Shareholder (株主)とも言います。
 この投資ファンド、Engine No. 1は、エクソン・モービルの最近10年の業績不振を批判した上、経営の重点を化石燃料からクリーンエネルギー・脱炭素に重点を移すべきとして、環境重視派の人材を取締役にするよう提案しました。 これに他の投資会社や多くの個人株主が賛同したのです。
 アメリカでは以前から、年金ファンドなどが、Activist Investorとして存在感を示していました。 従来は、株主利益のために、会社の経営に注文を付けるケースが普通でしたが、現在は環境、人権保護などの視点に基づく提案が注目されています。企業のCSR(Corporate Social Responsibility)つまり社会的責任を推進するActivismは、これからの米国ビジネスに大きな影響を与えることになるでしょう。

(旦 英夫 ニューヨーク州弁護士)