☆The Legacy of Covid-19

先日、大学生のクラスで、コロナで失った貴重な機会について話し合いました。学校に行けなくなった事、クラブ活動ができなくなった事、語学留学出来なかった事… 辛い事ばかりだったが、普通の日々にすごく感謝できるようになったと、笑顔で話してくれました。で、先生は〜?、と、聞かれ… 記憶に残る悔しさ/悲しさは、ただ、ひとつ… 急に体調を崩した母を病院に連れていき、2度と会えないまま、2週間後に母が死んでしまった事…最期にもっと抱きしめておきたかった事かな… と、答えました。 母の最後の言葉は、”ありがとう! もう、遅くなったから、早くかえりなさい。”でした….
早く、普通の日々に戻りますように…

We have discussed the hardship we experienced and are still going through with the spread of Covid-19 in a setting designed for college students. During the lockdown period, students had to give up so many things they truly enjoyed, such as simply going to school, meeting friends, attending extracurricular activities (athletic/cultural events), and studying abroad. After lockdown, some smiling, many considered it a good experience, making them thankful for the return to normal life. I feel confident that this difficult experience made them stronger. When asked what the most difficult time was for me, I answered with tears in my eyes, “I miss just one thing….. the precious moment never spent with my ailing mother after she was hospitalized,” She died 10 days after I took her to hospital without knowing that it would be the last time I saw her smile….her last words were “Thank you, Yuri.. It’s, getting late….you must be tired… you should go home.” I should have hugged her more tightly before I left the hospital…. Regretting……. What was the hardest thing for you?

☆NY通信 ”Prisoner Swap”

NY 通信、最新号が届きました。

___

各位、
アメリカではDry Januaryと称して1月にお酒を控える人がたくさんいます。確かに年末、年始に飲みすぎた体のためにはいいでしょうね。私も少し見習って、お酒を控えめにしようと思います。本当です。
「米語Watch」をお送りします。今年も読んでいただいて嬉しく思います。いつでも、楽しいメッセージをお寄せください。

-米語Watch(朝日Weeklyおよび週刊NY生活紙に連載中)-
Prisoner Swap 囚人交換
Prisoner Swapという言葉が、昨年12月のニュース面を賑わせました。Prisonerは囚人、Swapは交換すること。ロシアへの空路入国時に少量の大麻を所有しているのが見つかり、9年の禁固刑を言い渡されたアメリカ女子バスケットボール・スター Griner選手が、二国間交渉の後、囚人交換という形で帰国しました。ロシアが求めた交換の相手は、殺人などの容疑で、米国の刑務所で25年の刑に服していた武器商人Bout氏でした。

今回のようなPrisoner Swapは、戦争捕虜(Prisoner of War略してPOW)の交換とは、性格が異なります。(ロシアとウクライナの間でもPOWの交換をしている。)戦争に関係のない民間人の囚人同士を交換するのは、超法規的な特別措置で、日本がこの種のPrisoner Swapをした事例は聞いたことがありません。

 囚人交換で自国民を取り戻すという手法については、アメリカでも議論があります。 懸念されるのは、罪のないアメリカ人が交渉材料(Bargaining Chip)として外国に拘束される可能性です。現実に非友好国が、40人以上の米国人をHostage-taking(人質として拘束)していると言われ、中国、ロシア、シリア、イラン、ベネズエラなどが名指しされています。

 バイデン政権は今回の囚人交換で、Grinerさんと共に、反スパイ法違反としてロシアに収監されている元海兵隊でビジネスマンのPaul Whelan氏の解放も強く求めました。しかし、ロシアはそれを認めず、アメリカ国民の怒り・失望が広がっています。Prisoner Swapは、2023年も米外交の大きな焦点の一つとなるでしょう。

(旦 英夫 ニューヨーク州弁護士)

☆英会話サロン w/Stephen Articles(2023/01/10-11)

Nepobaby 2
Original names of famous companies.
Things Schools have banned 2
Common Things That Were Once Banned

Tuesday morning: // *”Things schools have banned” *from /Books -”Bury my
heart at wounded knee…”; Next //*”Original names of famous companies”.*/*
*
Tuesday evening: ////”*Original names of famous companies” from
*/Auction Web; Next *”Nepo Baby”.*/

Wednesday 10am: //// //Next “*Crazy things schools have banned”, from
“Snowball fights**”*/; Next :/”*Original names of famous companies”.*

** Wednesday 11:30am//Next *”Common things that were once banned” from
“Chess”.*

☆Session@JETS Academy

Jazz Session@JETS Academy(2023/01/08)
Happy New Year!!
Thank you all for coming!!
1) 次回のセッションは、2月12日(日曜日) 14:00-17:00に開催いたします! ぜひ!
2) Live@Bistrot Cafe de Paris(北野坂)
2月10日(金曜日) 17:30-20:30
JETS音楽団(w/Robert Ahad, vo, p, Etsuko Morishima, vo, Jean Paul, vo, Mari Itohara, p, Yoshihito Suita, b, Yuri Ito, d)が、ライブをさせていただく事になりました! シャンソン/ジャズをお届けします! 素敵なカジュアルフレンチレストランです! ぜひ、ぜひ!! 詳細は、後日、ご案内いたします!
6B7177EF-8EF9-4834-9ED9-351A6BA976F3
https://youtu.be/ZJUgz4Z2WNI

☆NY通信 

Happy New Year!!
NY 通信、最新号が届きました!
—-
BEIGO Watch : New Year Special 2023 米語 Watch : New Year Special 2023  皆さま、  新年おめでとうございます。2023年が良い年でありますように。 元旦そして今日と、お昼の温度は10度Cを超え、マンハッタンの北の郊外、ウェストチェスターは穏やかな天気に恵まれました   「週刊NY生活」紙・新年号に掲載した「米語Watchで振り返る2022年」をお送りいたします。  近況や楽しいメッセージをお寄せください。お待ちしています。 (日本在住の皆さまへのお知らせ)  日本時間1月5日(木)、NHKのラジオ・ニュース番組 「マイあさ!」で、ニューヨークから、米語Watchをベースとするお話をします。 朝8時6分ごろからの「ワールドアイ」コーナー にて、田中孝宜 キャスターとの対談です。ご興味があればお聞きください。

米語Watchで振り返る2022年  新年を迎え、コラムで取り上げた言葉(太字で示す)で2022年を振り返ります。  11月に行われた中間選挙、その余韻はまだ収まりません。選挙前は、Red Wave(赤い波、つまり野党共和党の大勝利)が来ると大方は予想しましたが、蓋を開けると与党民主党が大善戦し、Red Ripple(赤いさざなみ)程度になってしまいました。上院は民主党が死守。下院は接戦で共和党が多数を取りましたが 、中間選挙において政権与党が大きく負けると言う過去の慣例から見ると、民主党は頑張ったのです。  民主党が善戦した原因として、妊娠中絶を憲法上の女性の権利だと認定した50年前のRoe対Wade判例を、最高裁判所が覆す決定をしたからだという指摘があります。Pro-choice/Pro-life (人工中絶容認派・反対派)の対立の中、共和党トランプ政権が保守派判事3人を送り込んだ最高裁におけるこの判決が、中絶選択の権利を擁護しようとする民主党への投票につながったのです。  また、2021年1月の連邦議会襲撃をトランプ氏が扇動したSeditious Conspiracy (暴動扇動共謀罪)とし、また襲撃を停止しなかったことは大統領としてのDereliction of Duty(職務放棄)として、民主党サイドは対立軸を明示しました。また、Ultra-MAGA Republican(超MAGA共和党員)が証拠もなく主張し続ける、トランプ氏が大統領選に勝ったと言うBig Lie(大嘘)は、多くの国民にとって受け入れ難かったでしょう。 その意味において中間選挙は、アメリカ国民の民主主義への確固たる信念を、内外に示したものと言えるでしょう。  アメリカにおける社会問題は、今年も大きく報道されました。銃による大量殺人事件は毎週のように起きました。その中でニューヨーク州バッファローのスーパーマーケットで、若い白人が黒人14名を射殺した銃撃事件には、White Supremacism(白人至上主義)に基づく危険な発想を感じます。その根底にGreat Replacement Theory(大「置き換え」論)があるのかも知れません。これは白人層がユダヤ系、イスラム教徒そして有色人種にReplace (置き換え)され、 伝統的なキリスト教的白人中心文化が危うくなるという差別的な過激思想です。 バイデン政権は銃規制のための努力をしましたが、共和党の大きな抵抗を崩すことはできませんでした。その中で、昨年唯一の成果となったのが、Red Flag Law(銃器没収法)でした。これはテキサス州ユバルディで19人の子供が学校で射殺された事件を受けて、連邦法として成立しました。特定の銃所有者が第三者または本人自身に危害を及ぼす可能性があると家族や警察当局などが判断した場合、裁判所が銃を一時的に没収することを認める法律です。しかし、実効性は限定的なため、11月に コロラド州で起きたLGBTQ(性的少数派)のクラブでの銃撃事件の後、バイデン大統領は改めて、Assault Weapon(攻撃用武器) 禁止を提唱しましたが、共和党の反応は冷たいままです。  麻薬問題も大きく取り上げられました。中でもFentanyl Overdose(フェンタニル過剰摂取)を中心とする麻薬の害悪で年間10万人以上が亡くなったことが判明しました。これは銃や交通事故で亡くなる人々の数よりもずっと多いのです。メキシコのカルテルが密輸するフェンタニルによって、何万人もの人々が死ぬと言う事実は、日本からは想像もできない驚くべきものです。  2022年、アメリカのインフレ率は一時8%を越え、ガソリンや食品を中心に大きな衝撃を家計に与えました。 値上げがウクライナ情勢やサプライチェーンの問題が原因で生じたことは事実ですが、実際にガソリン大手や食品会社が記録的な利益を上げていることから、業者が事態に便乗して Price Gouging(不当な高値で売りつける)をしたと識者は指摘します。ニューヨーク州は、健康や安全に関わる必需品を不当に値上げすることを禁止しており、州のAttorney General(司法長官)は、今後も目を光らせていくでしょう。  パンデミックにより、アメリカの職場は大きな変化を遂げています。リモート勤務が広がり、働く人々がワーク・ライフ・バランスをますます真剣に考えるようになりました。その1つの風潮としてQuiet Quitting(辞めるのではなく、頑張らない働き方)が多くの職場で広がっていると言われます。これは自分が貰っている給料以上には頑張らず、人生をエンジョイしようと言う考え方です。前年には、コロナ禍で新しい機会を求めて職を去る若者のGreat Resignation(大辞職現象)が話題になりました。アメリカの雇用主は 、職場で広がる従業員の新しい人生観・労働観に対応しなくてはなりません。  LGBTQ(性的少数者)に関する議論も盛んに行われました。その中でも、若い人々の間でPreferred Gender Pronoun(PGP・希望するジェンダー代名詞)の使用が人間関係の一部となっていること、また、パスポートにおいても男女の区別をしたくない人はXの印を使えるようになったことは、アメリカ社会全体が性的少数派を積極的に受け入れている事実を示しています。そして、年末には超党派の合意のもと、同性者間の結婚を保護する法律が成立したのは特記すべきことです。ただ、Transgender Sports Ban(トランスジェンダー選手の出場禁止)が大きな論議となり、性転換者のスポーツ参戦には、一般の女性選手との公平なバランスを考慮すべきという視点を示しました。アメリカ人との付き合いにおいて、LGBTQやPGPへの理解は必須になったと感じます。    2022年、アメリカはワクチンの普及もあり、コロナの問題を乗り越えて、社会は正常化しつつあるように見えます。しかし、外交においては、ウクライナ問題、中国との競合、北朝鮮問題など、そして国内では予算案、インフレ、移民受け入れ、環境、銃や麻薬対策、その他の問題が山積しています。バイデン大統領が、自身の標榜する超党派のアプローチで分断を抑え、政策を実行することを期待して、2023年の展開を注視していきましょう。   (旦 英夫 ニューヨーク州弁護士 )

☆Happy Holidays!

2022年も残すところわずかになりました。 コロナ、ウクライナ情勢など、不安定な社会状況が続いておりますが、無事に年の瀬を迎えることができ、感謝の気持ちでいっぱいです。 ありがとうございました‼︎ 来年も、引き続き、安全を最優先に、楽しく効率的に英語を学べるクラスを提供できるよう、さらに研鑽を重ねてまいりたいと気持ちを引き締めております。 2023年が皆々様にとって素晴らし一年になりますように‼︎ ご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

Amidst unforeseeable crises, Covid-19, the War in Ukraine, and economic and energy shortages worldwide, the year 2022 will come to an end in a few days. I thank you all for your enthusiastic involvement this year, and please be assured that we will continue to seek and develop effective and enjoyable ways in which to improve your English language/communication skills in the year to come. Looking forward to your continued support and wishing you and your family a happy, healthy, and peaceful 2023!! See you on the 7th of January! Stay safe and stay healthy!

☆NY通信 “Love-bombing”

NY通信、最新号が届きました!
—-
BEIGO Watch [241] Love-bombing 米語 Watch [241] : Love-bombing      各位、Happy Holidays!  昨夜は大雨に強風、夜中に目が覚めてしまいました。それでもアメリカの多くの州が大雪で、大変なことになっているのに比べたらラッキーです。日本でも、大雪で大渋滞、停電が起きているようで心配です。皆様、どうぞお気をつけて。  「米語Watch」をお送りします。今年も読んでいただいて嬉しく思います。

-米語Watch(朝日Weeklyおよび週刊NY生活紙に連載中)- Love-bombing 「愛の爆撃」  最近、米国の新聞などの記事でLove-bombingという言葉を目にします。「愛の爆撃」? これは、相手(通常は女性)をコントロールするために、 褒めそやし、超ぜいたくなプレゼントを贈ったり、とんでもなく高い食事をご馳走したりすることです。男女関係のカウンセラーによると、こんなLove-bomber男は人の心を支配することを楽しむ自己陶酔性のある人か、もしくは、何事にも自信がない自分を偉く見せようと見栄を張るタイプだとか。  男友達が注いでくれるこんな「愛」に舞い上がって有頂天になった女性が、マインド・コントロールされていたと気づく頃には、愛はどこへやら、はじめて自分の心や体がもてあそばれていたことが分かります。米社会にはLove-bombingの犠牲になり、場合によっては虐待を受け、金銭もむしりとられ、人生が危機的状況におちいる女性も多いと言われます。そうなる前に、良い友人や専門カウンセラーの助けを借りて、危険な関係を早く断ち切らねばなりません。  オンライン辞書 dictionary.com によると、Love-bombingという表現は、70年代に米国のUnification Church(統一教会)が、甘い言葉で人に近づき新会員を募ったテクニックを、仲間内でそう呼んだことが発祥だそうです。人はやさしくされたら、お返ししたいとつい思うのでしょう。どんな人間でも、新たな出会いで気持ちが高ぶり心に隙ができた時、冷静な判断ができなくなることはありえます。そんな時、Love-bombing かどうかの見極めが本当に肝心ですね。 (旦 英夫 ニューヨーク州弁護士)